【不登校からの高校受験】学校選びのコツ・内申点や学力対策について解説します!


「不登校で、高校に進学できるのか不安。」

「進学したいけど、どんな高校の種類があるんだろう?」

「不登校から高校受験を成功させるには、どう対策すればいいんだろう?」


とお悩みの方はいますか?


不登校からでも、高校受験を成功することは可能です。


不登校に悩む方は、自分に合った高校選びが重要です。学習の遅れや内申点の悩みがある場合も多く、進学したい高校に合わせた対策を行う必要もあります。


本記事では下記の内容について解説します。


本記事の内容

  • 不登校から高校受験を成功させる方法
  • 全日制高校、定時制高校、通信制高校、サポート校の特徴
  • 志望校を決める際のポイント
  • 不登校で悩む方向けの、内申点対策と学力試験対策の方法


本記事を読むことで、不登校に悩む方向けの、具体的な高校受験対策の方法が分かります。


不登校から高校受験を成功させるためにやるべきこと3つ

不登校から高校受験を成功させるには、やるべきことが3つあります。


高校受験の際にやるべきことは、下記の3つです。

  • 各高校の特徴を知る
  • 進路を決める
  • 高校受験対策をはじめる


それぞれの行動で、具体的に何を行うべきなのかを説明していきます。


特に、高校受験対策に関しては心配な方も多いと思います。内申点対策と学力試験対策の方法に分けて解説します。


1.各高校の特徴を知る

まずは、各高校の特徴を知ることが大切です。


特に不登校で悩んでいる方は、自分に合った環境を選ぶことが重要です。


各高校の特徴を知ることで、自分に合った高校はどこなのか知ることができます。


快適な高校生活を送るためにも、各高校の特徴はしっかり把握しておきましょう。


全日制高校

・通学スタイル:毎日(朝~夕)

・卒業年数:3年

・入試の特徴:学力試験、内申点、面接(面接は学校によって異なる)


全日制高校は、一般的な公立中学と同じように、毎日朝から夕方まで授業を受ける高校です。


入試の際、全日制高校では内申点が見られることが多いです。内申点を重視する傾向は公立の全日制高校で高く、私立の高校は学校によって異なります。


全日制高校に行きたいと考えている方は、学校や塾の先生に現在の内申点を見せながら相談してみてください。


定時制高校

・通学スタイル:毎日(午前、午後、夜間のどこかで授業を受ける)

・卒業年数:3~4年

・入試の特徴:学力試験、面接


定時制高校は、毎日通学の必要があり、午前、午後、夜間のどこかで授業を受けるスタイル。


授業を受ける時間帯は、午前や午後の場合もありますが、夜間に授業が行われることが一般的です。


毎日通学するとはいえ、卒業年数は3~4年と学校によって異なります。3年で高校を卒業したいと考えている人は注意が必要です。


一般的に定時制高校の入試は、学力試験と面接のみで行われます。内申点が合否に影響することが少なく、内申点に悩んでいる方でも進学可能な場合が多いです。


また、定時制高校では毎日学校に通うので、通信制高校と比べて、人と関わる機会が多いです。

「不登校気味で、全日制高校に行くのは不安。でもクラスメイトや先生と交流したい。」といった方は定時制高校も視野に入れてみてくださいね。


通信制高校

・通学スタイル:自宅で学習。(月に2~3日のスクーリング日がある学校が多い。)

・卒業年数:3年~

・入試の特徴:面接


通信制高校では、通学が必要なのはスクーリング日のみです。ほとんどの時間は自宅学習で、高校卒業資格を取得することが可能です。


自宅で出された課題やレポートの提出をし、試験を受けることで単位を取得します。


ですが、自宅学習だけでなく、学校に行ってレポート課題の添削などを受けるスクーリング日もあります。

スクーリング日の日数は学校によって異なります。


入学試験は、面接が重視されます。面接と言っても「志望理由」など基本的な質問で終わることが多いです。内申点や学力も見ないことが多く、受験者の合格率は高いです。


通信制高校では、大半の勉強を自宅で行います。

そのため、「人と関わるのが苦手。」「学校には通いたくない。」といった方におすすめです。



通信制高校のサポート校(通信制高校の卒業が不安な人へ)

・通学スタイル:毎日(朝~夕)

・卒業に関する注意点:公的な学校ではないため、高校卒業資格は得られない

・入試の特徴:面接、簡単な筆記試験


通信制高校のサポート校とは、通信制高校を3年で卒業できるように支援をする教育施設のこと。通信制高校卒業のための塾・予備校のようなものです。


通信制高校は自分で学習を進めていかないといけないので、自己管理能力が必要です。サポート校に通うことで、単位の取得やメンタル面のサポートを受けることができます。


サポート校は、通信制高校と連携している場合が多く、「通信制高校を卒業できるか不安」という人は視野に入れてもいいと思います。


大学受験を目指す人向けに大学受験コースがあったりもします。自分の進路に合ったコース選びも重要です。


2.進路を決める

各高校の特徴が分かったら、進路を決めましょう。


進路決定の際は、下記の3点を行ってください。

  • 学校や塾の先生に相談する
  • 学校見学会に参加する
  • 子どもに寄り添う


学校や塾の先生に相談する

進路決定の際は、学校や塾の先生に進路について相談しましょう。不登校専門の家庭教師の先生でもいいです。


各高校の詳しい入試制度や必要な内申点などは、自分で調べるだけでは分からないことも多いですよね。


学校や塾の先生は様々な生徒の入試を見てきているので、入試制度に詳しいです。また、不登校専門の家庭教師などは、不登校の高校受験へより詳しいアドバイスをしてくれることがあります。


進路を決める際は、学校や塾の先生、家庭教師など、高校入試の専門的な知識がある人からアドバイスをもらいましょう。


学校見学会に参加する

進路決定の際は、学校見学会に参加しましょう。


学校見学会に参加することで、学校の雰囲気が分かります。


特に全日制高校や定時制高校を希望している人は、毎日学校に通うことになります。


自分に合った雰囲気の学校を選ぶためにも、学校見学会には必ず参加しましょう。


子どもに寄り添う

進路決定の際は、いつも以上に、子どもに寄り添うことが大切です。


将来や進路のことは、子どもなりにしっかり考えていることが多いです。

進路決定の話し合いで、自分なりに考えた意見を否定されると、喧嘩になり話し合いがうまく進まないことも予想されます。


高校受験を成功させるには、子どもの希望をしっかり聞き、尊重することが大切です。


3.高校受験対策をはじめる

各高校の特徴を知り、希望の高校も決まったら、高校受験対策をはじめましょう。

高校受験の対策は、内申点対策と学力対策に分かれます。それぞれの具体的な対策を解説していきます。


内申点の対策

不登校の場合、内申点が下がってしまうことも多く、不安に思う方もいると思います。

不登校に悩む方向けの内申点対策の方法を紹介します。


内申点対策の方法1:出席日数

不登校に悩む方は、出席日数がどうしてもネックになりますよね。


実は、下記の方法でも出席日数にカウントできる場合があります。

  • 保健室登校
  • フリースクールの登校


保健室登校とは、登校はするけど教室にはいかずに保健室で過ごすことを指します。


教室に通えないけど学校には行けそうという場合は、担任の先生に相談しながら保健室登校を検討しましょう。


また、中学校の校長先生が認めたときは、フリースクールの出席が学校の出席日数にカウントされます。


保健室登校やフリースクールに関して、出席を認めてもらえるかどうかは学校の先生に相談してみることをおすすめします。


内申点対策の方法2:定期テストを受ける

内申点の対策として、定期テストを受けましょう。


定期テストの点数は、内申点を上げるために重要です。


定期テストに関しては、保健室や別室で定期テストを受けさせてくれることがあります。


「教室に行けない」という方も、定期テストを受ける教室の変更は可能なのか学校に相談してみてください。


学力対策

学力試験が課されることの多い全日制高校や定時制高校を検討する場合、学力対策も大切です。学力対策の方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説します。


学力対策の方法1:独学

メリット:家で勉強できる。自分のペースで勉強できる。

デメリット:勉強方法が分からない場合もある。効率は良くないかも。


独学で勉強する場合、家で自分のペースに合わせて勉強できることがメリットです。


ただ、勉強方法は自分で考える必要があります。どこを重点的に勉強すればいいかが分からず、効率の良い勉強方法ができていない場合もあります。


「誰とも関わらずに勉強したい。」「自分で勉強の管理ができる。」という方におすすめの方法です。


学力対策の方法2:塾・家庭教師

メリット:受験のプロから学べる。効率よく学べる。志望校に特化した対策が可能。

デメリット:人と関わるのが苦手な子どもには合わない場合も。


塾や家庭教師を利用することで、高校受験の学力対策が可能です。


塾や家庭教師は高校受験対策のプロです。志望校に合わせてよく出題される範囲や、効率の良い勉強方法を教えてもらえます。


また、家庭教師に関しては、不登校の児童専門の家庭教師サービスもあります。


学力対策の方法3:オンライン学習やビデオ講義

メリット:家で勉強できる。効率よく学べる。

デメリット:方法によっては、分からない部分を直接質問することはできない。


最近では、オンラインやアプリでの学習で高校受験対策をすることもできます。


メリットとデメリットは上記の通りです。


オンライン学習やビデオ講義できる高校受験対策の方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。

不登校でも高校受験に合格できる!自宅でできる3つの最新型学習法


まとめ

本記事では、不登校から高校受験を成功させる方法、各高校の特徴、志望校を決める際のポイント、内申と学力対策の方法を解説しました。


内申点や出席日数が合否に関わる高校もありますが、それらを重視しない高校も多くあります。


不登校からでも高校受験を成功させることは可能です。


自分に合った高校を選択し、学校や塾の先生の意見も参考にしながら、志望校に合わせた対策を行いましょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

サキ
4年制大学の心理学科を卒業/大学では不登校に関する講義も受講/心理学的な視点をもとに、不登校の問題解決へのアプローチ方法を考えます。

引きこもり系運動のすすめ:山登りプロジェクト

不登校であったり、休みがちで、なかなか出かける機会がない、きっかけやタイミングがない、という小中高生のための山登りプロジェクトです。学校という機会がないと、なかなか運動する機会がないのが実情だと思います。運動する機会を作ることで、生活習慣を整えたり、気力が生まれるきっかけとなったらと思っています。また、心の悩みは人間関係から生まれてきます。集団で山登りをしますが、黙々と登っていただいてもかまいません。自然の中に身をおくことで、これまでと違った見方が生まれたらと思っています。